読み込み中...

モードがユーザーの成長を促進するためにオプティミズム財団から多額の OP 助成金を獲得 

TL;DR

  • DeFiレイヤー 2 ネットワークである Mode は、ユーザーの増加を促進するために、Optimism Foundation から OP トークンとして 530 万ドルの多額の助成金を受け取りました。
  • Mode は Optimism Collective と協力し、スーパーチェーン エコシステムにおける主要なDeFiハブとしての地位を確立し、イノベーションとコミュニティへの関与を促進しています。

 

 

 

分散型金融( DeFi の重要な発展として、モジュラーDeFiレイヤー 2 ネットワークである Mode がオプティミズム財団から寛大な助成金の受領者として発表されました。

この助成金は、約530万ドル相当の最大200万OPトークンで構成されており、Modeのプラットフォームにおけるユーザー成長のインセンティブを促進する態勢が整っている。 リソースの戦略的な注入は、 DeFiエコシステムを育成し拡大するというモードとオプティミズム財団の間の共通の取り組みを強調するものです。

オプティミズム・コレクティブとの協力活動を強化

この取り組みの重要な側面は、オプティミズム コレクティブとのより深い提携を築くというモードの決定です。 シーケンサーの収益の一部をコレクティブに寄付することで、モードは単に補助金の受益者となるだけでなく、より広範なエコシステムの繁栄に貢献することになります。 レイヤ 2 ネットワークでは、シーケンサは、トランザクションがバッチ化されてメイン チェーン (Ethereum

オプティミズム・コレクティブは、Ethereumの公共財の育成に献身的に取り組んでいることで有名であり、収益分配の取り決めから利益を得る立場にあります。 オープン中立性を促進し、スーパーチェーンネットワークを管理するフレームワークであるチェーンの法則へのモードの関与は、集団の精神と広大なEthereumエコシステムへのコミットメントをさらに強化します。

スーパーチェーンエコシステムにおけるモードの位置

Optimism によって複数のレイヤー 2 ブロックチェーンのネットワークとして概念化されたスーパーチェーンは、Ethereum。 これには、OP Mainnet、 Coinbaseが育成した Base ネットワーク、Zora Network、Manta Pacific などの著名なチェーンが含まれます。 複雑なネットワーク内で、モードは戦略的に自らを中心的なDeFiハブとして位置づけています。 Mode の創設者である James Ross 氏は、相互運用可能なDeFiアプリケーションとインフラストラクチャの育成に対するプラットフォームの取り組みを明確にし、それによって Mode をネットワークの成長と実用性において不可欠なコンポーネントとして位置づけています。

モードのスーパーチェーン エコシステムへの取り組みは、自身の成長目標を超えています。 このプラットフォームは、スーパーチェーン エコシステムに合わせたオープンソース ツールの開発に積極的に取り組んでいます。 この取り組みは、ネイティブ利回り、スマート トレジャリー、オンチェーン AI エージェントなどの革新的な機能の導入に特に重点を置いています。 さらに、公共財にリソースを割り当てるというモードの誓約は、エコシステムの共同開発と持続可能性への深い取り組みを反映しており、オプティミズム コレクティブの精神と共鳴しています。

イノベーションとコミュニティへの参加を促進する

成長と開発に対するモードのアプローチは総合的であり、技術の進歩だけでなくコミュニティの関与と貢献も重視しています。 このプラットフォームは、 DeFi分野でのイノベーションと導入を推進する上で、活気に満ちた参加型コミュニティの重要性を認識しています。 Mode は、その目的をユーザーやより広範なコミュニティのニーズや願望と一致させることで、創造性、コラボレーション、成功の共有に役立つ環境を育んでいます。

Optimism Foundation からの助成金は、Mode がその取り組みを拡大し、プラットフォームの機能を強化し、 DeFiコミュニティ内での範囲を拡大するのに役立ちます。 これは、Mode が開発ロードマップを加速し、提供内容を改良し、ユーザーとより広範なEthereumエコシステムに価値を提供するために必要なリソースを提供します。

1 月末の Mode のメインネットローンチをめぐる期待は明らかです。 このマイルストーンは、単なる技術的な成果ではなく、プラットフォームの進歩、可能性、そしてオプティミズム財団とコミュニティによるプラットフォームへの信頼の証でもあります。 メインネットの立ち上げにより、Mode の新たな可能性が解き放たれ、助成金の可能性を最大限に活用し、相互運用可能なDeFiハブのビジョンを実現し、スーパーチェーン エコシステムに有意義に貢献できるようになると期待されています。

結論

Optimism Foundation から Mode への最大 200 万の OP トークンの付与は、 DeFiセクターにおける極めて重要な瞬間を示しています。 これは単に金銭的な承認を意味するだけでなく、Ethereumエコシステム内での成長、相互運用性、イノベーションの促進を目的とした戦略的協力を意味します。 Mode の Optimism Collective への貢献、スーパーチェーン内での戦略的役割、オープンソース ツールと公共財の開発への注力は、より相互接続され、安全で繁栄するDeFi環境の形成に対する同社の献身的な姿勢を強調しています。

免責事項。 提供される情報は取引に関するアドバイスではありません。 Cryptopolitan.com は、このページで提供される情報に基づいて行われた投資に対して一切の責任を負いません。 dent調査や資格のある専門家への相談をtronします

共有リンク:

ハシーブ・シャヒーン

ハシーブ シャヒーンは、Web 研究者およびインターネット マーケティング担当者として、関連性の高い貴重なコンテンツを視聴者に提供しています。 彼は、人々の生活を変えるのに役立つテクノロジー関連の分野だけでなく、金融および仮想通貨市場の分析にも焦点を当てています。

よく読まれている

よく読まれている記事を読み込んでいます...

暗号通貨に関するニュースを常に把握し、毎日の最新情報を受信箱で受け取ります

関連ニュース

Sushi交換
クリプトポリタン
クリプトポリタンを購読する